化学系編入生の日記

化学系高専生が旧帝大学に三年次編入するまでの勉強法、編入後の学生生活に関しての日記です。 趣味の将棋やルービックキューブに関しても書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編入試験参考書 ~数学~


数学の勉強は4年の春から取りかかり始めて、4年の夏から本格的に始めました。

<初期状態>
・高校数学でやる範囲を趣味でやっていた。
・高専で使っているような教科書の内容はほぼ理解できている。

<参考書・問題集>
解析入門 (東京大学出版会)

線形代数入門  (東京大学出版会)

上の三冊は時間に余裕があったり、数学に興味のある人には最適な本ですが、編入レベルとしてはオーバーワーク気味です。
実際使ってはいませんが、下の二冊が編入試験対策の参考書としてはオススメです。

大学・高専生のための解法演習 微分積分〈1〉<2> (極めるシリーズ)

大学・高専生のための 解法演習 線形代数 (極めるシリーズ)



編入試験対策用問題集も解きました。
東大・京大を受験する人は大学院入試対策の問題集もかなり役立ちます。



その他使った問題集を挙げておきます。
・明解演習微分積分 (明解演習シリーズ)  小寺 平治
・明解演習 線形代数 (明解演習シリーズ)  小寺 平治
・細野真宏の確率が本当によくわかる本 (細野真宏の数学が よくわかる本)  細野 真宏
・応用数学 大日本図書; 新訂版 (2007/07)


大阪大学の受験の本番では数学は見たことのない問題の連発、焦りで0~2割程度しかできてないですが、
過去問では毎年7割以上は取れていました。
東大・京大の数学も大体解けるようになります。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。