化学系編入生の日記

化学系高専生が旧帝大学に三年次編入するまでの勉強法、編入後の学生生活に関しての日記です。 趣味の将棋やルービックキューブに関しても書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編入試験参考書 ~物理~ 


物理の勉強は4年の秋から始めました。

<初期状態>
・高校物理は力学、熱力学はセンター試験レベルはほぼ理解。
・大学物理は授業で少しやっていたが、覚えていない。

<参考書・問題集>
まずは高校物理から始めました。

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
物理のエッセンスの力学、熱、電磁気の章を2周、間違ったところをもう一周しました。


名問の森物理 (力学・波動) (河合塾SERIES)
名問の森物理 (電磁気・熱・原子) (河合塾SERIES)
物理のエッセンスを終えた後に、名門の森の力学、電磁気、熱を一周しました。


ここ以降に大学物理に入りました。
参考書として、高専の応用物理を使いました。
また、ここでマセマの電磁気学の参考書を使い勉強しましたが、京都大学の受験を断念したため
大阪大学基礎工学部の試験に合わせて電磁気を勉強する事を止め、力学・熱力学に集中しました。

基礎物理学演習 (1) (ライブラリ工学基礎物理学 (別巻=1))
この本は、力学は質点・剛体の章を中心に、熱力学は全てやりました。


ここで、神戸大学理学部の受験が終わり、大阪大学受験まで二週間を切ったので焦りを感じ始めラストスパートを掛けました。

詳解力学演習
この本を二週間で剛体の部分を解けるようになるまで繰り返して定着させました。


過去問ですが、京都大学の物理は解きやすいので物理だけで言えば阪大基礎工の方が難しいです。
受験一週間前から解き始めて、大阪大学の過去問を5年分解きましたが、5~7割程度は解けていました。
大阪大学受験本番では、物理は易化したため満点近く取れました。(どこも間違った気がしていません。)

熱力学は、化学科であれば物理化学の熱力学の部分をしっかりと勉強すれば、高校物理がある程度理解できていれば
初見でも半分くらいはできると思います。


他にも使った参考書を挙げておきます。
・アトキンス 物理化学(上)
・物理学演習―ファイリングノート (1)
・スバラシク実力がつくと評判の演習力学キャンパス・ゼミ
・演習力学 (セミナーライブラリ物理学 (2))


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。